工場の省人化とは?省力化・少人化との違いや具体的な省人化の方法も解説!

近年の製造業では、少子高齢化など社会的問題も相まって慢性的な人材不足が問題視されているため、工場内の省人化を図るケースも増えてきています。一方で、現状で省人化に取り組んでいない場合、具体的にどのような対策方法があるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、工場における省人化とは何なのか解説するとともに、省力化や省人化の違いについても紹介します。また、具体的な省人化の施策についても解説しますので、工場内の省人化対策を検討している企業担当者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

工場の省人化とは?

工場における省人化は、業務改善をする上でも非常に重要な施策のひとつです。そのため、まずは省人化とはどのようなことを指すのか理解しなければなりません。

そこでここからは、工場の省人化に加えて、省力化や少人化との違いについて解説します。

省人化

省人化とは、工場内における作業内容で、無駄な部分や行程を排除して効率化を行い、人員を減少させていく施策のことを指します。人材不足の解消や作業員への作業負担軽減など、さまざまな問題を解決する方法としても注目されています。

なお、省人化という言葉は、元々はトヨタ生産方式から作られた言葉で、生産性を向上させるための重要な考え方のひとつです。

省力化・少人化との違い

省人化という用語の他にも「省力化」や「少人化(ショウニンカ)」という言葉が存在します。では具体的にどのような違いがあるかといえば、省人化は実際に人員を削減させるのに対し、省力化は作業の生産性を向上させるための施策になるため、人員削減を目的としていません。

一方で、少人化とは、生産量に応じて最適な数の人員増減をさせる施策になります。定員数にこだわることなく、需要と供給量に応じた人員配置をするため、最も少ない人員で生産ラインを作ることを目的にしています。

工場を省人化するメリット

省人化は、製造業以外にもさまざまな業種で採用されている施策です。しかし、実際にどのようなメリットがあるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、工場を省人化した場合のメリットについて解説します。

生産品質の向上

人が作業を行う場合、作業者の理解度や経験によって生産品質が左右されてしまう問題があります。そのため、新しい人材を確保しても品質が安定しない状況が生まれがちともいえるでしょう。

一方で、省人化を促進する際には自動化機械などを導入するケースが多く、これまで人が作業していた内容の多くを機械によって自動化できます。人が作業する場合ではミスが発生することも多いですが、機械化によってヒューマンエラーもなくなります。

また、作業内容の自動化を実現することによって、属人化しない運用体制を構築できることからも、生産品質は大幅に向上するといえるでしょう。

人手不足の解消と人件費の削減

工場内の省人化を実現させることによって、人手不足の課題も解決できます。労働力の確保が難しい昨今においても省人化は有効な施策となるため、人材確保に悩む企業にとっては大きなメリットといえるでしょう。

また、省人化は作業内容を改善して人員を削減する施策になるため、人件費の削減にもつながります。生産効率も上がる以外にコストも削減できるため、利益も向上して経営基盤を強化できるでしょう。

工場を省人化する際の注意点

非常にメリットの多い省人化施策ですが、事前に注意しなければならないポイントが存在します。

  • 目的の明確化
  • 導入コストの検証

省人化を実施する際には、どの工程を見直すべきなのか目的を明確にしなければなりません。事前目的がはっきりしない段階で省人化をしようとしても、効果は限定的になってしまう傾向にあるため注意しましょう。

また、省人化を図る際には、自動化機械を導入するケースが多いです。これらの機械設備は非常に高価なため、導入前と導入後のコスト比較を検証する必要があります。現状よりも費用対効果がプラスでなければなりませんので、導入前にはきちんとコスト検証しましょう。

工場を省人化する方法


工場内の作業工程を省人化していくためには、いくつかの方法が挙げられます。そのため、自社の抱えている問題点を最も解決できる方法で実施することが重要といえるでしょう。

そこでここからは、工場の省人化を実現させるために効果的な方法をピックアップして紹介します。

無駄の排除を徹底する

省人化を実現させるためには、各工程の無駄を徹底的に排除しなければなりません。そのため、まずは作業プロセスを洗い出した上で、必要のない工程を削除して生産効率を向上させましょう。

なお、業務を効率化させるためには多様な方法がありますが、Eliminate(排除)、Combine(結合)、Rearrange(交換)、Simplify(簡素化)の業務改善を行う「ECRSの4原則」で見直しを図るのも効果的です。

標準化で属人化を解消する

省人化では人員を削減する分、作業効率や生産性を向上させる必要があります。そのため、各工程の作業方法はもちろんのこと、使用する道具なども標準化して統一していかなければなりません。

これら作業の標準化を実施することによって、作業者の負担が減る以外にも属人化を解消できるため、積極的に標準化の整備をしましょう。

作業の平準化

上記で解説したように、属人化を解消するためには標準化を実施することが重要です。しかし、標準化以外にも各作業工程の平準化をすることによって、属人化を解消した体制を構築できます。

一人一人の作業内容を数値化することで、オーバーワークになりやすい工程や余裕のある作業を抽出できるため、これらを平準化して生産性の向上および属人化を解消しましょう。

自動化設備の導入

近年では、AI技術の発展とともに精密な制御が可能になっているため、高性能な産業用ロボットが多く開発されています。これまでは人が作業しなければならなかった内容も、機械によって作業が可能になっているため、大幅に工場内の省人化に貢献するでしょう。

なお、自動化設備にも多様な種類があり、入出庫から保管を自動化できる「自動倉庫システム」や、ピッキングを効率化できる「ピッキングシステム」、倉庫内で商品の移動を代用できる「自動搬送ロボット」、倉庫内の作業を一元管理できる「倉庫管理システム(WMS)」などが存在します。

まとめ

深刻な人材不足を抱えている製造業や物流業界では、工場や倉庫内の省人化が効果的な施策です。そのため、各作業工程における属人化の見直しや、自動化設備の導入による生産効率の向上が大きなカギといえるでしょう。

ただし、省人化に効果的な自動化設備を導入する際には、導入目的の明確化はもちろんのこと、導入前後のコスト比較なども実施して費用対効果の検証を実施することが重要です。

APTでは、お客様の工場や倉庫状況に合わせ、最適な倉庫設備をご提案いたします。

関連記事
自動倉庫とは?倉庫を自動化するメリット・デメリット
入出庫管理の課題を解決!効率化のためのツールと選び方を解説

タグ

この記事の筆者

株式会社APT

株式会社APT

世界を舞台に経済を動かしている物流、その流れの中心にある倉庫において、従来型のマテハン設備は多くのメリットもありながら、時代に合わせた進化に適応できず、物流のボトルネックとなることもありました。APTはこれまで培ったノウハウを武器に、大胆で先進的でありながら、お客様に寄り添ったユーザーフレンドリーなマテハン設備やシステムの提案を行うことで、価値とコストの適正化を図り、倉庫で働く全ての人を笑顔にしたい。APTは臆することなく、泥臭く挑戦を続けていきます。

ご質問、ご相談、ご要望など、
こちらからお気軽にお問い合わせください。
(受付時間 平日 AM9:00〜PM17:00)
お問い合わせはこちら よくあるご質問はこちら