物流システムとは?種類や機能・導入のメリットを解説

複雑化する各種物流工程も、物流システムを導入することによって改善します。しかし、物流システムにも種類があるため、導入目的に合ったものを選ばなければ業務の効率化は実現しません。

そこで本記事では、物流システムの種類や導入した場合のメリットについて詳しく解説します。物流システムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

物流システムとは?

物流とは、商品を消費者に届けるまでのプロセス全体のことを指します。具体的には、輸送・保管・荷役・包装・流通加工・情報処理といった「物流6大機能」が含まれているのが特徴です。

物流システムとは、これら物流における各工程を効率化するためのシステムの総称です。なお、物流システムには、各工程に適したさまざまな物流システムが存在しているため、自社に適した物流システムを選定する必要があります。

物流システムの種類

物流システムは、物流工程で発生するさまざまな業務を最適化するため、各工程に合わせた設計となっているケースが多い傾向にあります。

では、具体的にどのようなシステムが存在するのか?ここからは物流システムの種類について解説します。

倉庫管理システム

倉庫管理システムとは、倉庫内業務を最適化するための物流システムです。Warehouse Management Systemの頭文字を取り「WMS」と呼ばれており、主に以下の業務マネジメントを効率化できます。

  • 入出荷管理
  • 在庫管理
  • 棚卸管理
  • 返品管理
  • 帳票・ラベル発行

これらの業務をシステム側で一元管理できるようになるため、従来よりも工数を削減し、業務の最適化を図ることができます。

在庫管理システム

在庫管理システムとは、正確な在庫情報を管理するためのシステムです。過剰在庫や在庫不足による機会損失を防ぐために管理するシステムで、各業界の業務形態に合わせた設計がされています。

例えば、ECサイトに特化した在庫管理システムの場合、楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどと連携できるため、在庫数を各サイトに手動入力する手間がなくなります。その他にも、製造業や医薬品業界など、さまざまな業界に最適化された在庫システムが存在します。

輸配送管理システム

輸配送管理システムとは、輸配送業務を最適化するための物流システムです。Transport Management Systemの頭文字を取り「TMS」と呼ばれており、主に以下の管理業務を効率化できます。

  • 配車管理
  • 輸配送管理
  • 運賃管理
  • 実績管理
  • 車両管理

渋滞による遅延も輸配送管理システムを活用することで、リアルタイムに状況を把握でき、柔軟な対応が実現できます。また、倉庫管理システムなど、別のシステムとの連携も可能です。

運行管理システム

運行管理システムは、運行業務や日報などの事務業務を最適化するための物流システムです。基本的な機能としては、以下のようなものが実装されています。

  • 運行管理機能
  • 配車管理
  • 動態管理
  • 安全運転管理
  • 日報作成機能
  • 運転台帳作成
  • レポート分析機能

配送現場と本部を連携できるため、より正確で効率の良いマネジメントが実現できます。また、事務作業も簡略化できるため、業務の効率化を図ることが可能です。

ピッキングシステム

ピッキングシステムとは、ピッキング作業を効率化するための物流システムです。なお、以下のような種類が存在します。

  • 音声ピッキングシステム
  • デジタルピッキングシステム
  • デジタルアソートシステム
  • タブレットピッキングシステム
  • スマートフォンピッキングシステム

従来のハンディーターミナルによるピッキングシステムだけではなく、近年のピッキングシステムは多様化しています。また、上記以外にも、ロボットによる完全自動化されたピッキングシステムも存在しているため、環境に応じて最適なシステムを選定できます。

マテリアルハンドリングシステム

マテリアルハンドリングシステムとは、倉庫など物流拠点における商品の移動・搬送業務を効率化するための物流システムです。Material Handling Systemの頭文字をとって「MHS」と表記されるケースもあります。

  • フォークリフト
  • ドックレベラー
  • パレタイザ
  • コンベア
  • ソーター
  • 自動搬送ロボット
  • 自動倉庫システム

このように、倉庫内業務を自動化および効率化する設備機器が、総じてマテリアルハンドリングシステムになります。物流業界では欠かせないシステムのひとつとなっており、生産性が大幅に向上します。

EDI

EDIとは、受発注や契約などの取引を行う際に専用回線を通じてやり取りを行うシステムです。Electronic Data Interchangeの頭文字をとった表記で「電子データ交換」を意味しています。

従来のように、帳票を用いてメールやFAX、郵送などで行っていた取引をシステム上で行えるため、データの一元管理はもちろんのこと、事務作業の手間もなくなるメリットがあります。

物流システムを導入するメリット

物流システムを導入することによって、コスト削減や業務内容の可視化が可能になります。また、業務品質の向上も見込めるため、非常にメリットが大きい施策のひとつと言えるでしょう。

そこでここからは、これら3つの代表的なメリットについて、より詳しく解説します。

コスト削減効果

各物流工程に適したシステムを導入することで、これまでよりも生産性を大きく向上させることが可能です。また、無駄な作業を無くせるほか、属人的になりやすい部分も解消されるため、スタッフの経験値に左右される心配もなくなります。

そのため、従業員の採用コストや教育コストについても削減できる可能性があります。また、システム側の運用によって必要以上のスタッフを抱えることがなくなるため、省人化を実現して人件費を抑えることができるでしょう。

倉庫管理のコスト削減を実現するために見直すべきポイント8選

業務の可視化

物流システムでは、業務の内容を可視化できるようになります。入荷から出荷、輸配送状況など、物流業務に関わる一連の流れをリアルタイムで共有できるようになるため、効率的な業務が可能になります。

これにより属人的な部分を解消して、問題点をあぶり出すことも可能になるため、業務の最適化を図ることができるようになります。

品質の向上

効率的な業務を実現することでリードタイムの短縮にもつながるため、顧客満足度の向上にも寄与するでしょう。また、配送先の顧客が現在の配送状況を確認できるようなシステムも構築できるため、サービス品質も向上します。

このように、自社の課題や問題点を解決できる物流システムを導入することで、既存の業務は最適化され、業務およびサービス品質の向上が期待できるでしょう。

まとめ

物流システムは、物流業務における「物流6大機能」を効率化させるための仕組みです。物流システムは各業務に最適化されたシステムとなるため、あらかじめ導入目的を明確にしなければなりません。

物流システムでは省人化を達成できるため、人件費の削減や教育コストの削減など、コスト削減効果も期待できます。加えて、業務品質やサービス内容も向上するため、自社の抱えている課題を解決できる仕組みを導入して業務改善を図りましょう。

APTでは、倉庫コンサルティングを実施しております。お客様の倉庫状況、お悩み、ご要望、お気軽にご相談ください。1社1社に合わせた柔軟なご提案をいたします。

この記事の筆者

株式会社APT

株式会社APT

世界を舞台に経済を動かしている物流、その流れの中心にある倉庫において、従来型のマテハン設備は多くのメリットもありながら、時代に合わせた進化に適応できず、物流のボトルネックとなることもありました。APTはこれまで培ったノウハウを武器に、大胆で先進的でありながら、お客様に寄り添ったユーザーフレンドリーなマテハン設備やシステムの提案を行うことで、価値とコストの適正化を図り、倉庫で働く全ての人を笑顔にしたい。APTは臆することなく、泥臭く挑戦を続けていきます。

ご質問、ご相談、ご要望など、
こちらからお気軽にお問い合わせください。
(受付時間 平日 AM9:00〜PM17:00)
お問い合わせはこちら よくあるご質問はこちら