マテハンはどういう意味?物流業界で活躍する機器の種類【まとめ】

倉庫内作業では、小さな荷物と大きな荷物をロットに応じて仕分けなければなりません。しかし、人による作業では品質が安定しないケースも多いうえに、その作業のために人材確保もしなければならず、課題が多いと言えます。

しかし、「マテハン機器」を導入することによって業務の効率化を図ることができ、このような課題も解決させることができます。とはいえ、「そもそもマテハンとはどういう意味なのか」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、「マテハン」の意味や役割を解説します。また、物流業界で多く利用されているマテハン機器の種類についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

マテハンの意味

物流業界や製造業界で働いていれば、「マテハン」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。しかし、その意味については正確に理解できていないというケースも多いのではないでしょうか。

そこで、まずは基礎知識として「マテハン」という言葉の意味について解説します。

マテハン=マテリアルハンドリングの略称

「マテハン」とは、「マテリアルハンドリング(Material Handling)」の略称で、物流業務の効率化を図ることの総称です。なお、具体的には「モノの移動や運搬」を効率化させることを指します。

さらに、マテリアルハンドリング用途の機械設備を総称して「マテハン機器」と呼ぶこともあります。そのようなマテハン機器には、フォークリフトやベルトコンベヤーなど、用途に応じてさまざまな設備機器がラインアップされています。

物流業界や製造業界で活躍

近年では、eコマースの発展により、インターネットショッピングにおける取扱商品の多様化が進んでいることから、マテハン機器もさまざまな発展・進化をしています。特に物流業界や製造業界においては、倉庫内作業の自動化が進んでおり、AGV(無人搬送車)や自動ピッキングシステムなども多く導入されています。

従来は人手が必要だった作業内容も、これらのマテハン機器を導入することによって人手を省く(省人化する)ことが可能です。そのため、企業にとってマテハン機器の導入は、業務効率化を図るうえで重要な施策だと言えるでしょう。

マテハン機器が持つ役割の意味

倉庫内の省人化を実現できるマテハン機器ですが、具体的にどのような役割やメリットがあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからはマテハン機器が持つ役割やメリットについて深掘りして解説します。

作業および生産性の向上

人が作業をする場合、作業時間も限られてしまうのが実情です。また、人員の確保や育成もしなければならず、生産性を上げるために試行錯誤しなければならないケースが少なくありません。

一方で、自動倉庫システムをはじめとしたマテハン機器を導入することによって、人の手による作業を省き、倉庫内業務を自動化することができます。その結果、倉庫設備の稼働時間が増え、生産性を向上させることができるでしょう。

ヒューマンエラーの削減

倉庫内の作業を人が行う場合、人為的なミス(ヒューマンエラー)が起きてしまうケースがあります。場合によっては大きな事故につながってしまうこともあることから、企業はヒューマンエラーを削減するためにさまざまな対策を講じる必要があります。

しかし、倉庫作業の自動化を可能とするマテハン機器を導入することで、省人化が実現し、その結果このようなヒューマンエラーを削減することができるようになります。また、作業に人員を割く必要が無くなるため、作業員の管理コストや育成コストの削減にもつながるでしょう。

物流業界で活躍するマテハン機器の種類

物流業界で活躍するマテハン機器の種類

ひとくちにマテハン機器と言っても、用途や作業工程に応じてさまざまな種類があります。マテハン機器の導入を検討するにあたり、どのようなバリエーションがあるのか知りたい人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは物流業界で活躍する代表的なマテハン機器をピックアップして紹介します。

フォークリフト

物流倉庫で馴染み深いマテハン機器のひとつが「フォークリフト」です。フォークリフトとは、荷物を積載するための爪部分(フォーク)と、それを昇降させるための動力が付いた運搬車両のことを言います。
人力で運ぶことが到底不可能な重量物も、フォークリフトを使えば簡単に持ち上げることができます。

パレタイザとデパレタイザ

「パレタイザ」とは、荷物や製品をパレットの上に自動で積載するマテハン機器のことを言います。大量の荷物をパレットに積載できるため、人の手による作業と比べてスピードが速く、生産効率を格段に向上させることが可能となります。

なお、パレタイザには、荷物の受け渡し位置の違いによって「高床式」、「低床式」という種類があるほか、荷物を個別に積載することができる「パレタイジングロボットタイプ」というものが存在します。また、パレタイザとは反対に、パレット上にある荷物を自動的に卸す装置は「デパレタイザ」と呼ばれます。

無人搬送車(AGV)

AGVとは「Automatic Guided Vehicle」の略称で、日本語にすると「自動的に誘導される車両」という意味になります。この名称は、床面に敷かれた磁気テープをガイドラインとして、それに沿って動く「無人搬送車」のことを指します。

AGVには、さまざまな大きさの物資を積載することができる「平ボディ型」や、貨物列車のように連結させて牽引搬送できる「牽引型」など、用途に応じてさまざまなタイプが存在します。

荷物のピッキングも可能なハイブリッド式AGV「STAR SYSTEM」、遂に日本で販売スタート!

コンベヤー

「コンベヤー」とは、荷物を連続して運搬できるマテハン機器です。一定の方向へ向けて一定のスピードで運搬ができるため、流れ作業のように効率よく荷物や製品を運ぶことが可能です。

なお、コンベヤーには、ベルトコンベヤー・スクリューコンベヤー・バケットコンベヤー・ローラーコンベヤーなど、用途や取り扱う製品によってさまざまな種類がラインアップされています。

ソーター

コンベヤーが一定方向にしか荷物を運ぶことができないのに対し、途中で分岐してさまざまな方向に荷物を運搬できるマテハン機器が「ソーター」です。仕分け作業が自動化できるため、物流センターでも多く採用されています。

ソーターには、クロスベルト式・スライドシュー式・ポップアップ式・パン式など、用途や運搬する荷物の種類に応じて、さまざまなバリエーションが存在します。

自動倉庫システム

倉庫内の保管効率を上げてくれるのが、「自動倉庫システム」です。入庫から保管、出庫までの一連の流れを一元管理して自動化できるため、多くの物流倉庫に採用されているシステムです。

自動倉庫システムには、バケット型やパレット型、フリーサイズ型に移動型など、管理する荷物の単位や形状に合わせて、さまざまなタイプが存在します。

デジタルピッキングシステム

「デジタルピッキングシステム」とは、デジタル表示を利用してピッキング作業を効率化させるためのシステムです。表示器に従って作業を行うため、従来のように商品を探す手間も省けて、正確でスピーディーな作業が実現できます。

目的物を探すための時間的ロスが軽減されるほか、作業内容が簡略化できるようになるため、従業員の育成コストも削減できるでしょう。

APTでは、長年培った弊社の独自技術で、お客様がお使いになられている自動倉庫の運用改善・維持費用削減をお手伝いします。

まとめ

「マテハン」とは物流業務の効率化を意味する言葉であり、それに特化した設備機器は「マテハン機器」と呼ばれています。
物流業界や製造業界において、マテハン機器を導入することで省人化や業務の効率化が実現でき、生産性を大きく向上させることができるようになります。
マテハン機器は、フォークリフトやAGVなど、用途や作業内容に応じてさまざまな種類がラインアップされています。必要に応じて適切なマテハン機器を導入し、作業効率を高めていきましょう。

倉庫管理システムとは?それぞれの特徴と選び方のポイントを解説

倉庫管理のコスト削減を実現するために見直すべきポイント8選

この記事の筆者

株式会社APT

株式会社APT

世界を舞台に経済を動かしている物流、その流れの中心にある倉庫において、従来型のマテハン設備は多くのメリットもありながら、時代に合わせた進化に適応できず、物流のボトルネックとなることもありました。APTはこれまで培ったノウハウを武器に、大胆で先進的でありながら、お客様に寄り添ったユーザーフレンドリーなマテハン設備やシステムの提案を行うことで、価値とコストの適正化を図り、倉庫で働く全ての人を笑顔にしたい。APTは臆することなく、泥臭く挑戦を続けていきます。

ご質問、ご相談、ご要望など、
こちらからお気軽にお問い合わせください。
(受付時間 平日 AM9:00〜PM17:00)
お問い合わせはこちら よくあるご質問はこちら