【物流倉庫の自動化】システムの種類と導入のメリット

近年の物流倉庫では、自動化による業務改善が進んでいます。一方で、まだ自動化に踏み切れていない倉庫の場合、システム導入のメリットがわからないというケースも多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、物流倉庫の自動化におけるシステムの種類や、導入メリットについて詳しく解説します。システム導入の注意点についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

物流倉庫の自動化とは

物流倉庫の自動化とは、これまで人が行ってきた業務を、機械やシステムによって自動化する仕組みのことを指します。システムによる運用形態となるため、一定の生産量と作業品質が確保されることから、多くの物流倉庫で導入が進んでいます。

ただし、自動化の仕組みにも非常に多くの種類が存在するため、自社のワークフローに適したシステムを導入しなければなりません。

物流倉庫を自動化できるシステムの種類

物流倉庫を自動化できるシステムには、以下のような種類が存在します。

  • 自動倉庫システム
  • ピッキングシステム
  • 搬送システム
  • 自動搬送ロボット
  • 倉庫管理システム

そこでここからは、自動化システムにはどのような特徴があるのか詳しく解説します。

物流システムとは?種類や機能・導入のメリットを解説の記事はこちら

自動倉庫システム

自動倉庫システムとは、荷物を自動で搬送して保管や仕分けを行うことができるシステムのことを指します。自動倉庫システムには、以下のような種類が存在します。

  • パレット型
  • バケット型
  • フリーサイズ型
  • 移動棚型
  • 縦型回転式自動棚
  • 冷凍冷蔵対応型
  • 傾斜式流動棚型

自動倉庫システムでは、コンピュータによる制御を行うタイプが一般的です。そのため、自動倉庫システムのことを「オートメーションシステム」と呼ぶケースもあります。

取り扱う商品によって、自動倉庫システムの種類を選定する必要があります。主な特徴としては、コンピュータ管理になることから精度の高い在庫管理や入出庫作業を実現できると言う点です。

ピッキングシステム

ピッキングシステムとは、ピッキング作業を効率化させるためのシステムです。代表的なピッキングシステムの種類は以下の通りです。

  • ハンディーターミナル
  • RFIDタグ
  • デジタルピッキング
  • タブレットピッキング
  • ピッキングカートシステム
  • 音声認識ピッキングシステム

このように、ひとくちにピッキングシステムと言っても非常に多くの種類が存在します。

物流倉庫は、ピッキング作業の効率化が求められています。そのため、ピッキングシステムの中から、取扱商品に最適な種類を導入するのが一般的です。

搬送システム

搬送システムというのは、倉庫内における搬送工程を自動化させるためのシステムです。主な搬送システムは、以下の通りです。

  • 搬送コンベア
  • 天井搬送システム
  • 昇降装置
  • ソーター

搬送システムには、用途に合わせてさまざまな種類が存在します。なかでも、搬送コンベアは多く導入されている搬送システムのひとつです。

自動倉庫システムなどと組み合わせて活用されることも多く、搬送工程を自動化して効率的な作業を実現できます。

自動搬送ロボット

自動搬送ロボットとは、近年物流倉庫で活躍し始めている次世代の搬送システムです。なお、自動搬送ロボットには、以下のような種類が存在します。

  • 無人搬送車(AGV)
  • 自律走行搬送ロボット(AMR)
  • 棚搬送型ロボット(GTP)

自動搬送ロボットは、国内でも大型の物流センターなどで導入が進んでいます。AI技術の発達によって性能も向上しており、AMRやGTPは自動マッピング機能を利用してロボット側で搬送ルートを決めることが可能です。

物の移動という単純作業をロボットで代用できることから、省力化や省人化に多く貢献するシステムとして注目がされています。

倉庫管理システム(WMS)

倉庫管理システム(WMS)とは、倉庫内の入出荷や在庫状況などをシステム側で一元管理できるシステムです。なお、倉庫管理システムの主な機能は以下の通りです。

  • 入荷管理
  • 出荷管理
  • 在庫管理
  • 棚卸管理
  • 帳票ラベル発行機能
  • 商品返品管理

これらの機能をシステムで運用できるため、リアルタイムで倉庫内のマネジメント業務を行えます。倉庫管理システムには、煩雑になりがちな商品管理をシステム側で処理できるメリットがあります。

物流倉庫の自動化を導入するメリット

物流倉庫を自動化するため、システム導入するメリットは以下の通りです。

  • 生産性の向上
  • 作業品質の安定
  • 人件費の削減

自動化システムの導入は、業務内容を改善できる大きな施策となりますので、これらの具体的なメリットについて解説します。

生産性の向上

人が作業をする場合、労働時間や作業環境など、さまざまな条件の上で業務を行わなければなりません。そのため、業務改善で生産性を向上するのには限界があると言えるでしょう。

一方で、自動化システムは人に代わって機械が作業を行うため、労働条件などはありません。以上の理由から、自動化システムによって効率的な作業が実現できるため、生産性は大幅に向上するメリットがあります。

作業品質の安定

人が作業を行う場合、教育コストを掛けても人為的なミスは発生します。また、適切な作業環境が整備されていなければ、ストレスが原因でミスが発生する可能性もあります。

自動化システムでは、このような作業品質の問題も簡単に解決できます。機械やコンピューターシステムによる作業のため、業務品質にバラツキが発生しないメリットがあります。一定の作業品質を確保できることから、業務全体の品質向上にもつながるでしょう。

人件費の削減

自動化システムの多くは省人化や省力化を実現できるため、これまで必要だった人員を配置する必要がなくなります。そのため、スタッフの確保に困ることもなくなり、人件費の削減にも大きく貢献するでしょう。

また、人が作業をする場合、その作業内容を覚えてもらうために教育をしなければなりません。自動化システムでは、この際に必要な教育コストも削減できるため、トータルで大きなコスト削減につながる可能性があります。

物流倉庫の自動化を導入する際の注意点

物流倉庫の自動化には多くのメリットがある反面、いくつかの点で注意しなければなりません。具体的には、以下のような点に注意しましょう。

  • 初期の導入コスト
  • システムトラブル

自動化システムを導入する場合、当然導入コストが必要になります。しかし、種類によっては非常に多額なコストが必要になるケースもあるため、必ず費用対効果を計算しなければなりません。

場合によっては、期待するほどの効果が見込めないケースもあるため注意しましょう。また、人によるトラブルが発生しない一方で、システムトラブルが発生するリスクも存在します。

システムトラブルが発生した際には、業務が止まる恐れもあるため、事前にマニュアルの作成から周知徹底を行う必要があります。

まとめ

近年の物流倉庫は取扱品目も多様化しているため、業務プロセスを効率化しなければなりません。今回紹介した自動化の仕組みは、導入することで生産性や業務品質の向上、人件費削減などさまざまな恩恵を受けられる可能性があります。

一方で、導入コストやシステムトラブルに関するリスクも存在します。そのため、メリットデメリットを相対的に判断して、導入の可否を決定しましょう。

APTでは、最先端の物流自動化ソリューションで倉庫コンサルティングを実施しております。お客様の倉庫状況、お悩み、ご要望、お気軽にご相談ください。1社1社に合わせた柔軟なご提案をいたします。

関連記事:
物流システムとは?種類や機能・導入のメリットを解説
物流センターとは?機能や役割を紹介

この記事の筆者

株式会社APT

株式会社APT

世界を舞台に経済を動かしている物流、その流れの中心にある倉庫において、従来型のマテハン設備は多くのメリットもありながら、時代に合わせた進化に適応できず、物流のボトルネックとなることもありました。APTはこれまで培ったノウハウを武器に、大胆で先進的でありながら、お客様に寄り添ったユーザーフレンドリーなマテハン設備やシステムの提案を行うことで、価値とコストの適正化を図り、倉庫で働く全ての人を笑顔にしたい。APTは臆することなく、泥臭く挑戦を続けていきます。

ご質問、ご相談、ご要望など、
こちらからお気軽にお問い合わせください。
(受付時間 平日 AM9:00〜PM17:00)
お問い合わせはこちら よくあるご質問はこちら